TOPセレクションのこだわり>水産のこだわり



「商品こそすべて」

北海道産 塩時鮭 ・・ 北海道厚岸 マルヒロ水産様

こだわりを求めたらここにたどりつきました…昔ながらのちょっと塩辛い旨い鮭

近年 日本国内の水産資源(漁獲)の減少が目立つようになりました。
日本は世界に誇る水産大国!中でも北海道はいか・さんま・さけ・ほたて等、多くの魚種の産地であり、豊富な海の幸は多くの人を魅了します。
北海道の道東地区にある厚岸(あっけし)町にマルヒロ水産はあります。近海さんまの取扱高は道内トップ3を争う生産者ながら、より良い魚を求めて、前浜の厚岸を中心に道東地区で水揚げされる時さけ、ししゃも、こまい、かれい類、昆布、また厚岸の特産品である生がき、大あさり、ほっき貝など多くの種類の魚を取り扱っている。

セレクションでは輸入養殖物のさけが多くなっている中、北海道産のおいしい時さけを食べて戴きたいと「おにぎり、お茶漬けにして美味しいさけ」をコンセプトに原料は脂ののりや鮮度に影響する漁獲漁場を指定し、中でもマルヒロスタッフの目利きによる厳選した原料を買い付けております。また、現在は甘口のさけが主流になっていますが昔ながらの時さけの美味しさが引き出せる中辛口での生産をしていただいております。



<セレクションスタッフより>
実はこの時鮭・・・・こんなエピソードがあります。

ある日お客様から電話がかかってきました・・・。

「昨日の夜 買い物に行ったら 時鮭が売られていなかった。どうなってるんだ!」とのお電話。 当社ではこの「塩時鮭」は毎日当日切身カットをする 商品となっており、毎日予測販売数を切っているのですが この日は予測を外し、夜間欠品しておりました。
お客様のお話をよくよく伺うと、当社の「塩時鮭」の大ファンで お客様の勤務地がお店の近くにあり、数日に1回のペース でお買い上げ頂いていたようです。しかしながら、勤務地の 異動があり、都内中心部まで、通勤しなくてはいけなくなった ようです。
他のスーパーでも鮭を購入してみたそうですが どうしても当社の「塩時鮭」が美味しい、ということで わざわざご自宅とは全くの方向違いの当社のお店に 10駅も電車に乗り、「塩時鮭」を買いにいらして頂いていたようです。この日は、翌日がお子様の運動会だったようで、どうしても お弁当のおにぎりには当社の「塩時鮭」を入れてあげたい・・・の 思いから、冒頭のお電話に至った・・・ということでした。
私は本当に感動して止みませんでした。お客様の手元に時鮭を お届けし、日頃からの感謝の意をお伝えすると、 「これからも、美味しいこの鮭をずっと売り続けてください」という 温かいお言葉をいただきました。 また、お客様に「この鮭、実は皮もすごく美味しいんです」とお伝えすると 後日、ご来店時に、「私も子供も皮を取りあって食べてます」と、笑顔で お話しいただきました。

そんな「ちょっと塩辛いけど美味しい鮭 時鮭」をセレクションスタッフは 熱い思いを持って販売しております。
木村さんのつぶやき
季節に応じて北の海には、旨い魚が水揚げされます。
日本人の魚離れが進んでいる中、いかに多くの方に この北の旨い魚を食べて喜んでいただくか、を日々考えて います。
この鮭は「ちょっと塩辛いが旨い鮭」に仕上っています。
私達の自信作をどうぞ召し上がってください。
生産者名:株式会社マルヒロ水産
責任者名:木村 豊 様
所在地:北海道厚岸町


「商品こそすべて」

佐渡ヶ島産 釜茹で紅ずわいがに ・・・ 弥吉丸 様

こだわりを求めたらここにたどりつきました…「佐渡の名物 紅ずわいがに」 漁れたてを浜茹で!

新潟県佐渡島の赤泊に紅ずわいがにと甘エビ漁を営む漁師、「弥吉丸」の寺尾さん今では佐渡島では唯一、紅ずわいがに漁を行っており、佐渡島の旅館、ホテルの料理で提供されるもの、お土産で販売されているもののほとんどが弥吉丸の紅ずわいがにです。紅ズワイガニは600m~800mの深海に生息しているかにで本ずわいがにに比べ身はやせておりますが味は濃く、カニみそもとてもおいしい、様々な料理に適したかにです。山陰地方でも水揚げが多く、寿司だねや缶詰、かに加工品に使用されています。山陰地方の多くが底引き漁(網をそこにつけて引っ張る)で漁を行っており、かにを網に入れたまま引っ張るため、かにの鮮度品質の痛みが多いことから加工品に利用されることが多くなります。一方、弥吉丸は「かご漁」という1個が2m近くある大きなかごに餌をぶら下げ何10kmもの距離にかごを沈めかにが生きたまま水揚げされるため、かにの鮮度、品質が底引き漁に対して格段に違います。港に着き、船から「かに」を降ろし、港前にある弥吉丸加工場において、すぐにボイルされます。刺身可能な鮮度の良いかにを浜ゆでするため足肉はもちろん、かにのみそまで甘く味わい濃いかにとなります。禁漁期間があるため「季節限定)の商品ですが「旬」の味わいをお楽しみください。


夜間の漁を終え、朝水揚げ

運搬用の車に積み込み

港前の弥吉丸加工場へ直行

大きなゆで窯で素早くボイル!

旨みのぎっしり詰まった紅ずわいがにが茹で上がり

弥吉丸・寺田社長のつぶやき
佐渡の名産「紅ずわいがに」は身の甘さが最高です!この美味しい味を伝えたくて 毎日漁に出ています。
紅ずわいがには鮮度が命なので、水揚げ後すぐに釜茹で することで、旨みと甘みを逃しません。
佐渡の味を、そのままにお楽しみ頂けます!
実際に漁に出て頂いている
寺尾 洋康 さん
生産者名:弥吉丸
責任者名:寺尾 茂雄 様
所在地:新潟県佐渡ヶ島

「商品こそすべて」

千葉産 房州ひじき ・・・ 千葉県 嶋津商店 様

こだわりを求めたらここにたどりつきました…当社地元のこだわり商品!ほとんどが地場消費のひじきを販売

ひじきは千葉県の隠れた名産物!!なんと全国で2位位の生産量を誇るのです。
セレクションでは千葉県産の地物ひじきにこだわり、千葉県鴨川市の「嶋津商店様」と取り組んでおります。 ひじきは成長が進むと芽の部分が開き柔らかくなるため、目の閉まっている2月~3月中旬に良質のひじきが採れる勝浦地区、鴨川地区の原料を指定して入札しております。
浜で入札されたひじきはすぐに嶋津商店の加工場に運ばれ、洗浄⇒釜蒸し⇒乾燥⇒選別、異物検査の順で 加工されます。原料の鮮度がよい、水揚げ後すぐにボイルされるため、ひじきの風味や味わいが格段に違います。千葉のひじきは生産量が多いにもかかわらず、県内での消費がほとんどでおり千葉県内の学校給食などにも使用されております。また、現地のお土産屋さんや道の駅などでは他県からの旅行者に大変評判がよく「ひじきだけ買いに来たわ・・・」という方もいらっしゃるほどです。近年では中国や韓国の原料を「伊勢産」「長崎産」などと偽装された商品も出回っていまいたが、セレクションのひじきは水揚げからしっかり履歴の管理された安全、安心のひじき、味わい豊富なひじきです。煮物以外にも、サラダや味噌汁、てんぷらもおいしく食べ方も豊富です。ぜひご賞味ください。

※セレクションでは鮮魚、総菜、加工食品で販売されているひじきはすべて「嶋津商店の千葉県産ひじき」を使用しています。




ひじきの原藻

この釜で釜蒸しにします

乾燥

異物除去をします

嶋津さんの前はこんな綺麗な海




左)生産者の嶋津 宏康さん
右)セレクションスタッフ
つぶやき
ひじきの栄養価は本当に高いんです。
カルシウムは牛乳の10倍以上、食物繊維はごぼうの5倍以上、鉄分はレバーの5倍以上・・・・なのに低カロリー、という体に優しい食べ物なので、皆様にお勧めしております。
また、千葉のひじきは独特の製法ですので、風味と食感をしっかり味わって頂けます。

「千葉の味」を自信を持ってお届けしております!
生産者名:嶋津商店 様
責任者名:嶋津 宏康 様
所在地:千葉県鴨川市

Copyright(c) FOODS MARKET Selection co,ltd,All Rights Reserved.