新卒採用情報

新卒採用情報

セレクションは、埼玉県、千葉県に8店舗のスーパーマーケットを展開しています。
消費者にとっての「食の課題解決型スーパー」を目指しており、独自の仕入れルートによって、
「低価格で高品質」な商品ラインナップを実現。
また、働きながら家事をこなす主婦の方や、料理の苦手な方のために、POP広告や売場づくりによって
食事の献立まで提案。
地域のお客様から圧倒的に高い支持を受けています。

新卒採用応募

 

株式会社セレクションへのエントリーは上記バナーより「マイナビ2017」よりご応募ください。

 

 

・先輩社員インタビュー  根本 佳小里
何故セレクションを選んだか
小さいころから食べることが大好きで、食にかかわる仕事に就きたいとずっと思っていました。なので、セレクションに応募させていただきました。 

今の仕事の内容
水産チームの仕事をしております。内容は、魚の調理をしたり、お刺身をつくったりしています。またセレクションの水産チームではお寿司も作っているので、その商品開発などもしています。

 

自分のキャリアアッププラン
今後は水産のマネージャーになりたいと思っています。またお寿司を独立部門に出来る様に頑張りたいです。

 

学生へのメッセージ
大変なことはたくさんありますが、みんなで頑張っていきましょう!!
水産は女の子が少ないのでぜひ入ってください!!

 

・先輩社員インタビュー  高橋 知也
何故セレクションを選んだか
レストランでのアルバイト時代に食への関心が強まり、”食”を身近に感じられる仕事に
付きたいと考えていました。そんななか、私たちの一番身近な”食”とは何かと考えたとき
スーパーマーケットだと思い、セレクションに応募しました。 

今の仕事の内容
惣菜チームでお弁当や煮物、またセレクションの惣菜の人気商品である中華等を作っています。

 

自分のキャリアアッププラン
まずは惣菜チームのマネージャーとなり、新しい商品の開発なども携わってみたいと考えています。

 

学生へのメッセージ
学生のうちはわからない事や不安なことがたくさんあると思います。
でもそこで立ち止まってしまっては前に進めません。1歩踏み出してみればいろいろな事が見えてきたり、分かってきます。セレクションは努力した分、必ず評価されます。
皆さんと一緒にセレクションを大きくしていきましょう!!

 

・先輩社員インタビュー  齋藤 真奈実
job_saito2 何故セレクションを選んだか
会社見学の際に、従業員の方々が笑顔で働いているのが印象的でした。今までの私は、働くという事。ましてや接客業という職業。
どこか他人事のように見ていたし、かかわらないだろうな、と思っていました。
でも、従業員の働いている姿を見て、一緒に働きたい!
働いてお客様の為に何かしてみたい!と思い
セレクションを選びました。 

今の仕事の内容
お肉の商品化(生姜焼きや、うす切り、焼肉用など)
発注、売場管理、担当者の補助等。

 

自分のキャリアアッププラン
将来的に、担当者になると思います。
そのために数字の把握や、
数字の管理能力を身につけていきたいと思います。

 

学生へのメッセージ
社会に出て働く以上、大変なのは当たり前です。
でも、セレクションでは個人が成長出来るような環境と
仕事や、社会人としての頼れる先輩や上司が
自分の味方で、苦楽を共にしてくれます!
そんな仲間の一員になって、一緒に頑張っていきましょう!

 

・先輩社員インタビュー  神村 和幸
job_kamimura 何故セレクションを選んだか
バイトのころから接客をするのが好き、
また、若いうちから、いろいろな仕事を
任せてもらえると聞き、面白い、やってみたいと
思ったからです。 

今の仕事の内容
魚をさばく(切身加工、柵作り、お刺身)
発注をしています。

 

自分のキャリアアッププラン
マネジャーになりたいと思っているので
今、私に足りていない管理能力をつけて
いこうと思ってます。

 

学生へのメッセージ
どんなことでも、大変、辛いことはあります。
ですが、逃げずに乗り越えれば自分の成長に繋がります。
一緒にセレクションで頑張っていきましょう。

教育制度

■定期的に勉強会を実施。
当社では、月に1回勉強会を開催しており、接客スキルから商品の値段の決め方、ディスプレイの方法などを学んでいきます。

キャリアアップと職位

■キャリアプランについて
入社1~2年目までは各店舗での業務となり
入社3年目以降は、店舗のチーム担当責任者
4年目以降はマネージャーやバイヤーなど様々なキャリアが広がっていきます。

新卒採用応募

 

 

株式会社セレクションへのエントリーは上記バナーより「マイナビ2018」よりご応募ください。